傍聴席についたら気をつけたいポイント

法廷に入ったら、傍聴席につく前に、入り口の辺りに注意事項の掲示がありますので、1度目を通しておくと良いでしょう。
傍聴席に座ってからは、席を替えることはできません。
もちろん、途中から入場したり、途中で退場することは可能です。
法廷内では、大きな音を立てたり、大きな声で話したりしない様、気を付けましょう。
拍手をしたり、発言することも禁止されています。
開廷中に新聞や本を読むことも禁止されているので、開廷中は裁判の傍聴に集中しましょう。
裁判長が裁判進行の上で必要な指示をすることがありますので、その指示には従いましょう。
もし、指示に従わないと退廷させられたり処罰される可能性もあります。
また、法廷内でメモを取ることは自由なのですが、録音、録画は禁止となっています。
許可なく、録音、録画のできる機器を持ち込むことはできませんので注意しましょう。
携帯電話、スマートフォンは持ち込めるのですが、音が出るので電源を切っておきましょう。
これは音の出る機器全般に言えることです。
裁判所が交付した場合は別ですが、はちまきやゼッケン、タスキ、腕章を着用しての傍聴は禁止されています。
帽子もかぶったままではなく、脱いでおきましょう。
他にも、旗やヘルメット、ビラ等は持ち込めませんし、危険物も持ち込み禁止です。
大きな荷物の持ち込みも避けましょう。

コメントは受け付けていません。