事前の手続きは必要?

mama01_m法廷で行われる裁判を傍聴するのは、原則として誰もが傍聴できるようになっています。
傍聴をする時に、事前に裁判所に申し込みをするための手続は必要ありません。
具体的には、身分証明書の提示等も不要となっています。
しかし、世間の注目を浴びており裁判の行方がどうなるか気になっている事件などでは、傍聴希望者が多数になるために、傍聴券交付手続きが行われる場合もあります。
傍聴券交付情報が裁判所のホームページに掲載されているので、掲載されている裁判の手続きをしておくと、抽選で裁判を傍聴することが出来るようになります。
凶悪事件や人気の事件では、傍聴するために傍聴券の抽選が行われるのは、良く見る光景となっています。
法廷画家もこのようにして抽選で法廷内に入ると言うのは、一般の方と同じような手続きをしているからです。
また、人気の事件や世間が注目をしている事件以外で、個人で傍聴するのではなく、団体で傍聴を希望する場合には、人数が多くなるので事前に予約と言う形で裁判所に申し込みをしておくとスムーズで間違いなく傍聴が出来るので、注意が必要です。
いずれにしても、普通に行われている裁判では傍聴は誰もが可能であり、裁判所でどんな風に裁判が行われているかを見ることが出来るように開かれています。

コメントは受け付けていません。