見学もできる?裁判所を回ってみよう

shopping08_m裁判所で裁判を傍聴することは誰でもできるようになっています。
これは、裁判はその適切性や公平性を保つために国民にしっかりと審査してもらえるように
常に公開されているため、裁判の傍聴は基本的に自由になっているのであります。
ですので、裁判所を見学するのは基本的に自由なのであります。
ですが見学する際には注意も必要です。
例えば、裁判を行っているときに裁判の内容などに不満がるからといって法廷内で騒いではいけないのです。
裁判長から静粛にするように声をかけられるかもしれませんが、それでも騒いでいるときには
退廷を命じられて、無理やり追い出されることがあります。
また、裁判中の法廷内の写真撮影やカメラでの撮影は、裁判所の秩序を乱すとするので
撮影は禁止されています。
さらに、一定の事件(性犯罪関連、プライバシーにかかわる問題など)では傍聴が制限されたり、非公開になる事もありますので、あらかじめそういった事件は見れないといったこともあります。
もちろん、場所によっては立ち入り禁止のところなどその他にもルールは存在しますので
あらかじめルールについては調べておく必要があります。
裁判所の見学については基本的なルールを守っていれば自由にできますので
注意事項に気を付けながら見学するようにしてください。

コメントは受け付けていません。